生き方のツケがボケに出る

著者:金子満雄
出版:角川文庫
初版:2003.02.25.
紹介:”ボケるボケないは、それまでの生き方、ライフスタイルが左右する!”
同じように歳をとって、どうしてボケる人とボケない人がいるのか。
老人性痴呆は生活習慣病、とする著者の長年医療現場での経験に基づいた“ボケないための秘訣”には、よりよい人生を生きるためのポジティブなヒントがいっぱい。
「家族の愛がボケを救う」「恋をする人はボケないが、浮気をする人はボケる」「要注意!こんな働き方、こんな趣味」など、具体的かつユニークな実例が並ぶ医療エッセイ集。
コメント:歳をとってボケるのは、避けられない仕方のない部分があると思っていたが、そうではなくて、その人の生き方やライフスタイル・あるいはそばにいる家族の影響がとても重要であるらしい。
自分がボケないためにどうしたらいいのか、いろいろと考えさせられた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。