早すぎた老い支度

著者:伊澤次男
出版:講談社
初版:2004.01.15.
紹介:老後は自宅を売って有料老人ホームに入ろう!と、多くの資料を調べ、考え抜いて入居した。「有料老人ホームを選ぶ生き方」
ところが、中に入ってみると、外側からはわからない様々な問題が出てきた「後悔しない有料老人ホームの選び方」
いろいろ考え、行動も起こしたが、結局3年4ヶ月で、老人ホームを退去した「早すぎた老い支度」
コメント:老後を考えるにあたって、どのように暮らしていくか?筆者の奮闘ぶりがうかがえる。
老後といっても、年齢や病気・ハンディなど、それぞれのおかれた状況によってベストは違ってくる。
老後の生活のために、どんなことを準備して心構えをしておいたらいいのか?いろいろと勉強になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。