きもの着ます

著者:原由美子
出版:文化出版局
初版:2003.02.16.
紹介:日本人にはきものが似合うと信じています。何よりの利点は、洋服では決して考えられないような総柄の染めのきものも着こなしてしまえること。色についても、少し派手でも反対に地味でも帯、帯揚げ、帯締めの色などで、自分の肌や雰囲気にしっくりなじませることができます。
最初からかまえて、よそゆきに着ようとはせずに小紋や紬、それに木綿のひとえなど、比較的気楽なきものと帯の組み合わせを楽しみながら着てください。少しでも早くきものになじむには、日常的に着るのがいちばんです。(扉より引用)
コメント:きものと帯・小物の合わせ方など、見ていて楽しいです。正装というよりは気楽な街着を着こなしたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。