硝子のハンマー

著者:貴志祐介
出版:角川書店
初版:2004.04.20.
紹介:介護会社の社長が昼寝の最中に殺された。何重もの防犯システム・密室となった社長室の犯人は?動機は?
被疑者の弁護人と防犯グッズ会社の社長が組んで、被疑者の無実を証明しようとする。考えられるあらゆる限りの方法を試してみるが…。
 会社や役員をめぐる様々な人間模様。単なる殺人事件か?巧妙な手口、疑わしいものがあちこちに隠されている。真の殺人者の動機と手段は?
コメント:しばらく見かけないと思ったら「青の炎」から4年以上たっていたらしい。
子どもにとって、自分が当たり前のように思っていた生活がある日突然奪い去られ、自身の身も危険にさらされるとした 轣Hどうやっていきたらいいのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。