明日の記憶

著者:荻原浩
出版:光文社
初版:2004.10.25.
紹介:広告代理店の部長、50歳。
人の名前がでない・会議の日を忘れ・道に迷う。若年性アルツハイマー病と診断され、必死になってメモを取り、手帳に書き込む。
妻は、病気にいいと聞く食べ物を料理し、藁にもすがる思いであらゆる手立てを講じる。自分ではまわりに知られないようにと、気をつけていたはずなのに…。病気のために閑職へ配置転換される。
娘の結婚式までは、何とか…という思い。
アルツハイマー型老人性痴呆の親を看取った記憶がよみがえる。自分が人でなくなっていく恐怖。
コメント:身につまされる。半日で、一気に読み上げてしまったが、実際の病気の進行は、数年にわたってじわじわとその身と心を蝕み続けるのだ。
自分が自分でなくなっていく不安。心配の余り、いろいろなことを何度も確認せずにはいられない。若年性であるとすれば、その恐怖は計り知れない。
いまの私にとっては、何度も読み返したくなる一冊。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。