間宮兄弟

著者:江國香織
出版:小学館
初版:2004.10.20.
紹介:兄・会社員34歳。弟・学校職員31歳。2人でマンション暮らし。兄弟に今まで恋人がいたためしがない。2人の失恋は、心の中での片思いの失恋。「もう女の尻は追わない」と決めた二人は、気楽で平穏な日々を過ごしていた。はずだった・・・
レンタルビデオ店のお気に入り店員とその妹。。先の見通せない恋愛をしている学校の先生。不倫の恋愛をしている上司と、離婚を言い渡されたその妻。
それぞれが抱えている思いが、見事にすれ違って、でも、まあそこそこの幸せ。
http://www.shogakukan.co.jp/ekunimamiya/
コメント:江國香織の恋愛をめぐる小説といえば…切ない恋の話かと思うのだが・・・
確かに切ないのかもしれないが、ありえない?いや、なんだかそこかしこにいそうで、かえって不気味な男たち。と言ったら失礼か・・・
絵に描いたもちのように、ステキな恋愛じゃなくて、なかなか思うようにはならない人生の連続。でもまあ、それはそれで、人生恋愛がすべてじゃないしね~。という感じかな?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。