夜のピクニック

著者:恩田陸
出版:新潮社
初版:2004.7.30.
紹介:高校生活最大のイベント歩行祭の幕開け。全行程80キロを丸一日かけて歩きとおす。甲田貴子が歩行祭に賭けた願いはかなうのか?、こわばった視線・居心地の悪さ・隠し続けた事実。一晩を友達と過ごすという、非日常がそれぞれの心を開き「奇跡」を起こす。通り過ぎてきたあの頃を、思い出させる恩田陸のノスタルジー。
コメント:「夜のピクニック」読み始めた最初からまるで自分が歩行祭に参加しているような気持ちになった。高校時代の友達・イベント・とりとめのない、だけど重大な話。そして、何かが起こりそうな期待感。読んでいて楽しかった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。