駆け込み交番

著者:乃南アサ
出版:新潮社
初版:2005.03.30.
紹介:新人警察官「聖大」が登場「ボクの町」の続編になります。
東京世田谷の閑静な住宅街「等々力」に配属された聖大。新宿や渋谷といった繁華街で日夜緊迫感のある警察官としての生活を望んでいたが、現実は警察署内での、わずらわしい人間関係やお年よりの話し相手だったりする。
そんな時、驚くべきパワフルなお年よりの集まりに出会う「とどろきセブン」
引退したとはいえ、それぞれが持つ本職と趣味が高じた技術。黙ってられないおせっかいが、聖大の周りを取り巻く。絶妙なコンビが面白い。
とどろきセブン:最近様子がおかしい「気になる家があるんだ」。玄関を開けると異様な臭いがした「正露丸」の臭いだ・・・
サイコロ:倉庫に放火をしようとしたのは小学生だった。その小学生はまるでサイコロのような現代風の家に住んでいた。しかし…家の中はゴミだらけだった。その子供たちが行方不明になった…
人生の放課後:文恵の夫がなくなったいきさつから、まわりに友達が集まってくるまで「とどろきセブン」結成そして、裏家業のお話。
ワンワン詐欺:可愛がっていたペットが誘拐された。振り込め詐欺の一種か?犯人を追い詰め逮捕した後に聖大が見つけたものは…
コメント:軽く読めます。そして「とどろきセブン」の面々がなかなか魅力的です。
聖大巡査には今しばらくとどろきに勤務してもらって、「とどろきセブン」の活躍を見せて欲しいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。