チョコレート工場の秘密

著者:ロアルド・ダール
出版:1972.09.10
初版:評論社
紹介:映画で公開された「チャーリーとチョコレート工場」の原作。
世界一おいしいワンカのチョコレート。貧しいチャーリーは、一年に一度誕生日にたった一枚のチョコレートを食べることを楽しみにしていた。
あるときワンカのチョコレート工場を見学できるチャンスがやってきた。そこにはどんな秘密があるのだろう?
コメント:まず映画を見たあとに、原作を読みました。かなりの部分が忠実に映画化されていて、映画のシーンを思い浮かべました。本を最初に読んでいたら、映画で2度楽しめたかもしれません。(1972年といえば、私もまだ子供に近かったはずなのに、読んでいなかったんですね)
映画のほうは、ワンカの生い立ちを描くことで、もうひとつ物語にふくらみを持たせてましたしね。ジョニーディップ演じるワンカは不思議で美しく、面白かったです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。