ブラス!

bras.jpg96年イギリス映画
炭鉱の閉鎖によって、生活が成り立たなくなっていく、炭鉱町。そこのブラスバンドには音楽を愛する男たちが集まっている。しかし、炭鉱の閉鎖により、音楽を続けることが困難な状況に追い込まれる。
しかし、大会優勝を目指す指揮者にとって大切なのは音楽で、団員との溝は開くばかりだ。
もしも、私がこの団員の家族だったら?4人の子供を抱え生活費もないのに、借金を重ねトロンボーンを買う夫を、果たして応援できるだろうか?・・・無理無理・・・
失業・生活苦・家族との別れ・炭鉱の閉鎖によって町から火が消えようとしているとき、本当に大切なものが何なのか?考えさせられる。
金管バンドによる、「イリノイ行進曲」「威風堂々」「ウィリアム・テル序曲」
演奏している男たちの表情がとてもステキだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。