ダウン・ツ・ヘブン

downtoheaven.jpg著者:森博嗣
出版:2005.06.25.
初版:中央公論新社
空を飛ぶこと、戦闘だけがクサナギの生きている意味。だけど、社会という大人たちはそれを許してはくれない。ティチャーとの思いがけない再会。再び戦闘。限りない喜び。
永遠の子供キルドレであるクサナギの物語。自分の好きなことだけをして生きていけたらどんなに幸せだろう?やりたいことがある人は多分、誰しもそう考える。だけど多くの現実は子供たちにそれを許してはくれない。クサナギの中に森博嗣を見るような気がするのは誤りだろうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。