落花流水

rakaryusui.jpg著者:山本文緒
出版:集英社文庫
初版:2002.10.25.
一人の女性の半生を10年刻みに描いている。親に捨てられた娘は、自分も娘を置き去りにし、繰り返させる歴史に、前半はまあそんな人生もあるかなぁ?という感じだったのだが、後半に来て、なにやら近未来の現実を見せられているような気分になってきた。こうならないという保証がないだけに、おそるべし、山本文緒。 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。