不思議を売る男

husigi.JPG著者:ジェラルディン・マコックラン
出版:偕成社
初版:1998.06.
紹介:図書館の中から湧き出たような男.MMCは、古道具屋に住み着き本を読みながら過ごす。彼が語る「道具」にまつわる不思議なものがたりが11話。彼の話をきいた人は、家具に魅せられ、また恐れをなして去る。
ものがたりが進むうちに、彼の素性が明らかになってくるような気がするのだが・・
クリケットの試合で活躍することを期待する自分と、メガネなしではボールも見えない現実。物語の世界に入り込んだ少年は、部屋にこもって、物語を書き綴る・・・
これって…引きこもりの少年の話だとしたら、切ない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。