「大正シック」展

白金台にある庭園美術館の「大正シック」展 を見に行ってきました。
招待券をいただいたので、図書館のお仲間と白金台でランチだ~
庭園美術館は以前来た事があるのですが、その時はお庭と、お隣の自然教育園を見学
それから、白金台を通って恵比寿ガーデンプレイスまでフラフラと歩き回ったのでした。
その時は、「目黒のサンマ祭り」をやっていたので、秋だったのかも・・・
今回は旧朝香宮邸の建物の中に入って、「大正シック」展を見学
郷愁を誘う、大正浪漫・1920~30年代に描かれた女性と、その衣装は、なかなか素敵。
それに加えて、建物がまた素敵なのだった。ドアのデザイン。調度・照明器具・ステンドグラス・・・今度は建物をメインに公開される期間に来て見たいな。
お昼は白金台ブルーポイント
ランチは1000円からサラダバーとドリンク・デザート少々が付いてるから、お徳かも。
ピザは思ったより大きくて、ビックリ!オープンサンドもパスタもおいしそうだったな。
1階のテラス席がおしゃれなのでした。
この付近。こじゃれたお店がいっぱいある。他のお店も行ってみたいな。
そうそう、庭園美術館に行っておもいだしたが、今月は「旧古河庭園」にも行ったのだった。


6月1日
映画の日に友だちと「しゃべれども しゃべれども」を見たあとに
「古河庭園って、バラの季節じゃない~?」 と思いついて、急遽ガイドブックなど買い込んで出かけたのです。
ちょうどまだバラがきれいに咲いていて、よく見る古河庭園のお屋敷を眺めながら、東京にはまだまだ行った事のないところがいっぱいあるなぁ~などと、思ったのでした。
ガイドブックをみながら、隣駅の巣鴨のお地蔵さま目指して住宅街の裏通りなどを歩き、
「ほんとに赤いパンツが売ってる~」」などと、妙なところに感心してきたのでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。