体重:552.5キロ

先日受けた「健康診断」の結果を聞きにいってきました。
駅2つ分、自転車で行けば20分のところ、歩いて40分。
(だいたい、自転車の倍の時間がかかる事がわかりました)
さて、個別の説明・・・
血液検査の結果も、胃のレントゲンも大腸検査も異常は見つかりませんでした。
次に、希望していた「骨密度検査」超音波方式をした。
すると、同年代の平均値の91%
若年成人の平均値の87%
「平均値からやや低下しています、栄養指導や運動指導を受けましょう」とでた。
それなのに、係りの人は「これで検査は終了です。お疲れ様でした」
???栄養指導は???
と、気になったので、自分で保健士さんの相談コーナーへ
結果を見せると、過去の数値がないので一概には言えないけれど、そんなに心配するほどの値ではない。卵巣の手術をした事がありますか?・・・・・いえ。
それでは、カルシウムを一日600mgとるように、意識してください。とパンフレットをもらい、後は適度な運動と、日に当たることですね。
はぁ・・・
というわけで、帰りも、意気揚々と、40分かけて歩いて帰った。
ところが、家で、5年前の検診結果を見てみると、測定方法は違うものの、
若年成人の107%となっている!ええ!?5年間で、こんなに、骨が減っちゃったの??
なんでだろう?更年期?車の免許を取って、歩かなくなった?バイトにでてデスクワークが多い?料理の手抜きをしてるのかな????
このままじゃ、あっというまに「骨粗しょう症だ!」
カルシウムを取るには、牛乳と 小魚と 小松菜や、大根の葉っぱ・・・お豆腐と・・・
うーむ。 私がこんな状態じゃ、他の家族も、カルシウム不足になってるはず・・・
ごはんに混ぜて炊く、カルシウムってあったっけ???などと、頭の中がフル回転。
それにしても、この数値の差はなんだ?気になるので、「整形外科」を受診しました。
すると、
「この超音波って、けっこういろんな影響がでるんだよね。同じ人が、同じ日に測っても数値が違うんだ。骨粗しょう症が心配なら、レントゲンを取るのが確実なんだよ」
という訳でとってもらいました。
正面と側面から・・・
結果、正常な背骨の状態で、スカスカにもなっていないので、心配はありません。普通の食生活をしていれば、そんなに心配する事はない。後は、自分の好きな適度な運動をながーく続けてください。それから、少し、お日様にも当たってくださいね。
やれやれ、これで一安心。だけど、食事と運動は、やっぱり気をつけなくちゃね。
さて、家でじっくり検診結果を見ていたら・・・
なんと、体重が552.5キロ。BMIが221.3!!!
なんだ?小数点がずれてる?というわけでもないし・・・
ビックリして保健所に連絡してみると、データを確認した結果、入力ミスです。申し訳ありません。正しいものを郵送させていただきます。
おーい!。だいじょうぶか?血液は、一つ一つ名前のシールを貼っていたから大丈夫とは思うけれど・・・転記ミスは笑えないよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。