脇役スタンド・バイ・ミー

0907133.jpg
著者:沢村凛
出版:新潮社
初版:2009.04.20.
なんでもない、普通の日常生活の中で、ふと感じた違和感。
通り過ぎて、見逃してしまえば、それまで・・・
生活の中に潜んだミステリーと事件・・・
始は短編集だと思っていたのだけれど、時々出てくる刑事さんがいて
これが、連作だと気づいた。
だけど、ほんとは最初から気づくべきだったのだ、
タイトルが「スタンド・バイ・ミー」なんだもん。
全体がミステリーなんだよね。
この中で、第一話の「鳥類憧憬」で、年老いて、生きる目標を失っている老女が「鳥はいいわね~自由に空を飛べて」というくだりで、
人が年を取って、骨粗しょう症や軽い尿失禁になるのは、体を軽くして、鳥になるための準備をしてるんですよ。という話が出てくるのだが、
もちろん、事実ではなくても、その老女が再び生きる意欲がわいてくる様子は
なんか、いいな~と感じました。
あと、第二話の「迷った時は」も、けっこうおもしろかったです。
「迷った時はツモ切り」なるほど~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。