鴨川ホルモー

09072801.jpg著者:万城目学
初版:2006.04.20.
出版:産業編集センター
「鴨川ホルモー」のホルモーってなんだ?
なんだか変なタイトル。TVドラマで「鹿男あおによし」の作者と一緒なんだって?
ドラマはチラッと見たことがあるけどますます、手が出ない・・・
だけど、友達のサイトで紹介文を読んだら面白そうだった。
彼女が読むのなら・・・おもしろいかも!?と借りてきました。
読んだらまあ・・・とてもおもしろかったです。
最初はナンセンスで、強引でバカバカしくてでもグイグイ引っ張りこまれ
途中からは、この話、東京じゃありえないけど京都だから生まれた話だと
妙に納得してしまった。
京都の人なら、市内の地図も頭に描けるだろうし・・
途中「三国志」に出てくる、登場人物になぞらえられたところは
なるほどと、共感できたし。
この続きも気になるので、さっそく続編を予約しました。


コメント

鴨川ホルモー — 2件のコメント

  1. ルモー」
    万城目の本なら、独特の世界があっておもしろそう!
    しかし、ふくろうさんの読書のスピードは早いですねぇ。
    私は、まだ「三国志」の2巻め最後あたり…。
    読みたい本はいっぱいあるから、
    併読して読んじゃおっと♪

  2. そうなんです。読みたい本がいっぱいなの。
    おまけに、でかけたいし・・・
    ちなみに、鬼平犯科帳は2巻が終わりました。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。