スペイン 4 グラナダ

朝6時。テレビで天気予報を見ようとしたら、テレビが付かない!
おや?なんだ。配線が抜けているじゃないか・・・
ケーブルを差し込んでみたが、待機状態になったままやっぱり付かない。変だなぁ?
だいたい、リモコンが見当たらない・・・服装を決めるには天気と気温を確認したいのに~。
添乗員さんに電話で聞いてみる。
添:「テレビですか?あ。ここも付きません。リモコンもないですね・・・ちょっとフロントに確認してみます」
しばらくして
添:「リモコンが必要な人はフロントで貸し出すそうです。」
え~!このホテル、ドライヤーもフロントで借りる方式だったの。珍しいよね。
も~。今日は7:40出発で忙しいのに~!!天気予報はあきらめよう。
ちなみに、サマータイムなので実際は6:40出発です。外に出たら、まだ夜だった。
09092001.jpg


今日はグラナダにあるイスラム文化の世界遺産「アルハンブラ宮殿」見学。
「La Alhambra」と書くが、現地ではhは発音が聞こえないので「アランブラ」といいます。09092017.JPG
バスで途中の駐車場まで行き、そこからは徒歩。09092002.JPG 入場チケットは予約制で、入場時間も決められている。朝早いと、観光客も少なくて、写真も撮りやすくてラッキーだ。現地の日本人ガイド・アンナさんのお話はわかりやすく、現地ならではの情報もあり、とても面白かった。09092003.JPG
壁の細かいレリーフは美しい09092004.JPG
サウナ式のお風呂も完備。壁や天井はモザイクのタイルと透かし柄のレリーフ。09092006.jpg 09092007.JPG 
広がる中庭にある池。水面に映る建物の姿が鏡のようにみえて美しい。
雨が降っても、風が吹いても、わずかでも水面が揺れたら、この写真は取れない。
09092005.JPG 
寝室から望む中庭には林を模した柱と、動物園に見立てた?ライオンの像・・・但し、ただいま「ライオン像」は修復中で、不在。09092008.JPG

ここに美女をはべらせていた?

09092009.JPG
王宮を歩いていると、ここでイスラムの王様が、暑い夏を涼しく、寒い冬を少しでも暖かく、外敵の攻撃をかわし、また、美女を従えてくらしていたのだと想像するのが楽しい。
09092010.JPG
09092011.JPG 09092012.JPG
王宮からしばらく歩いて、ヘネラリーフェ庭園へ
09092013.JPG09092014.JPG 
庭園は乾燥したスペインなのに、緑が豊かで、様々な花が咲き乱れていて、庭園の中でかくれんぼが出来そうだ。09092015.JPG王宮の周りも、この庭園も、これだけ豊かな緑を維持するのは水にしても、作業にしても毎日膨大な人間が働いているのだろうな。と感心する。09092016.JPG
アランブラを出て街へ。教会の隣のお店で昼食。「イカの墨煮」はご飯をカレーのように混ぜて食べると、とてもおいしい。スペインは野菜料理が結構出てくるので、おなかに優しくてありがたいです。
09092018.JPG 09092019.JPG
09092020.jpg
その後、ツアーお決まりの免税店へ。ここはリヤドロのお人形と寄木細工が多い。
ざっとみても、買いたいものが見当たらない。外に出てみるが、日曜日で近所のお店も軒並みお休み。残念だな~
ここで〒ポスト発見。(黄色くて、円柱型。)  
今日はグラナダからバレンシアへ7時間の長旅。
今までずっと、オリーブとブドウ畑しかなかった風景が、09092021.JPG

次第に濃い緑のオレンジ畑へと変わって行く。

 09092024.JPG

気候が変わって、土の色も変わった。

09092022.JPG
途中、突然の大雨でフロントガラスから、前が見えなくなる事も、バスは最徐行で前へ進む。交通量は少ないものの、高速道路で止まるのも別の意味で怖い。09092023.JPG

途中立ち寄ったドライブインで、あれこれながめるのは楽しい。

09092026.JPG09092027.JPG
ポップなデザインのホテル?内装も同じようなイメージだったら、疲れそうだな09092025.JPG
長い移動中は、バルセロナの自由行動計画を考える・・・つもりだったけど、寝てしまった。
09092028(1).JPGバレンシアのホテル到着後、事前情報で、隣にコンビニがあるというので、ちょっと楽しみにしていた。コンビニとかスーパーって地域の普通の生活が垣間見れて面白いのよね、免税品店やデパートより絶対面白い!!
それなのに、なんと、日曜日でお休み!!日本じゃ考えられないよね~
バレンシアのホテルでの夕食は、パエリヤ。30人分の大鍋で、大胆に焼いたそうな・・・。09092029.JPG
ここのお風呂は、湯量もたっぷりで、久々にゆ~っくりとあたたまりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。